CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
<< ALOHA(from U.S.) / toe / LITE LIVE | main | Thom Yorke "The Eraser" >>
Google
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
プライスコレクション 「若冲と江戸絵画」展
会期 : 2006年7月4日(火)〜8月27日(日)
会場 : 東京国立博物館 平成館 (上野公園)

伊藤若冲

(オフィシャルサイト)
(オフィシャルブログ)
1日に3館をはしごして以来、久しぶりに美術展へ行ってきました。

紫陽花双鶏図は秀逸。
また、若冲の他では、京都と江戸の画家による作風の対比もなかなか面白いと思いました。
会期は8月27日までですので、まだ足を運んでいらっしゃらない方はぜひ。

こちらの方が先にやっていましたが、三の丸尚蔵館の『花鳥−愛でる心、彩る技 <若冲を中心に>』にも足を運んでみようかと考えています。
今からだと第5期しか見ることができませんが、何とか時間を見つけて行きたいと思います。

夏休み期間中の休日ということもあり、さすがに混雑していました。
学校を卒業してから平日に足を運ぶことができなくなり、美術館に行くたびに人の多さにはげんなりします。
例えば、1列分だけでいいので展示の前はベルトコンベア式にお客さんがゆっくり流れたりするような仕組みはできないものでしょうか。
じっくり見たい人は2列目で見るようにすれば、みんな満遍なく見たいように見られるような気がします。
段差をつけたりすれば、じっくり見たい人の邪魔にもならないような気がするのですが。
美術鑑賞という観点から見れば邪道ですが。
| アート | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:40 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://petrouchka.jugem.jp/trackback/418
トラックバック